屠蘇散(おとそ)入荷しています。 (キク薬局)
a0134276_21402114.jpg 屠蘇は、嵯峨天皇の御代に唐の蘇明(そうめい)という人が来朝の際絹の袋に入れた屠蘇白散(とそさん)と称する霊薬を献上し、嵯峨天皇は正月三が日お神酒にこれを浸し御呑みになったのが始まりといわれています。
 「屠蘇」とは、「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)るという意味であり、以来、一年間の邪気を払い長寿を願うお正月にかかかせない儀式となりました。

 屠蘇散は、『本草綱目』(漢方薬の基本書)にも載っている漢方薬で、
一説には三国時代の名医・華佗の処方によるものと言われています。

作り方
清酒約一合に本品一袋を6~7時間浸し、みりん(2~3割)又は砂糖(小さじ2~3杯)を加えてお召上がり下さい。
 内容量:2g2袋入り(ティーバッグタイプ)

鬼子母神通り商店睦会 << トップ
(雑司が谷 鬼子母神通り商店街 マップNo.418 キク薬局

[PR]
by kishimojinstreet1 | 2012-12-21 13:00 | キク薬局
<< 雑司が谷 大鳥神社 恵比須神について H24年 歳末スタンプ宝くじサ... >>