雑司が谷 大鳥神社 大祓、茅野輪神事について
a0134276_9583117.jpg

≪大祓について≫
 大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活をいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。
 この行事は、記紀神話にみられる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。
 年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとかた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前にたてて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。


≪茅野輪神事について≫
c0203059_12301853.jpg

 茅輪神事は、「ちのわしんじ」と訓む。茅輪をくぐり超えて罪穢れを除き、心身の清浄ならんことを祈請するので、「輪越(わごし)祭」 「茅くぐり」とも称する。茅とは、ち、かや、ちがや、であって、菅(すげ)、薄(すすき)など、多年生草木の総称である。

 茅輪の起源については、釈日本紀七に、備後風土紀逸文を引用して、次の如き事柄が記してある。
『即ち、神代の昔、武塔(ぶたふ)神(素箋鳴尊)が、南海の方へお出になる途中、或る所でお泊りにならうとして、士民の蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来(こたんしょうらい)と云ふ兄弟に宿を求められた。その時、弟の巨旦将来は裕福な身であったにも関わらず、宿を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は貧しい身であったが、尊をお泊めし、粟柄を以て座を設け、粟飯を饗して御待遇申し上げた。
その後、年を経て尊は再び蘇民将来の家を訪れ、「若し天下に悪疫が流行した際には、ちがやを以て輪を作り、これを腰に著けてをれば免れるであらう。」と教へ給ふた。』

 この故事に基づき、蘇民将来と書いて、これを門口(かどぐち)に張れば、災厄を免れるといふ信仰が生じ、また祓の神事に茅輪を作ってこれをくぐり超えるやうになったのである。茅輪の作り方については、和訓栞に、「茅の輪を云ふ。輪二丈六尺、囲八寸、藁を以て造り、茅を中心とし、紙を以て纏(まと)ひたる者也。」とある。これを参考にして適宜に作ればよい。

 茅輪神事は、一つに「夏越(なごし)祓」とも「名越祓」とも書く。六月三十日の大祓当日、又は、旧六月三十日前後、神社の夏祭りに付随して行ふ例が多い。夏越と称するのは、旧暦によると、六月の晦は、四、五、六月が夏であるから、夏越しに当たるとせられる。またなごしは「和ごし」「和儺(なごし)」で、人の心を和やかにするのであると云ふ説も存する。
 即ち、禍を除き、人々の不満を除けば、平和になることが出来ると説くのである。又菅貫(すがぬき)ともいひ、菅抜とも書く。茅輪をくぐり抜けるからの名である。

 要するに茅輪も、最初は各自が腰に着ける程の小さいものであったが、時代を経るにつれて大きくなり、社頭にこれを設け、或は鳥居や神門などにとり懸け、これをくぐり超えて祓除を行ふやうになって今日に及んだのである。茅輪神事には、古来別に定まったものが無く、それぞれの神社の慣例によって行はれている。

設置期間;12月30日前後~1月10日前後
大鳥神社 宮司 清水雄介
(雑司が谷大鳥神社  東京都豊島区雑司が谷3-20-14 地図>>
大鳥神社(宮司様御寄稿) ⇒ こちら

雑司が谷散策のご参考に! ⇒ 「雑司が谷のお店 ちょっとご紹介」
鬼子母神通り商店睦会 << トップ

[PR]
by kishimojinstreet1 | 2012-12-28 16:11 | 大鳥神社
<< 雑司が谷七福神めぐり 雑司が谷 大鳥神社 恵比須神について >>